コラム Column

2020年11月18日

新型コロナショック‼ エアアジア・ジャパン破綻!

airplane-926744_640

エアアジア・ジャパンの破産手続き開始が東京地裁に申し立てられました。

負債総額は217億円弱。うち80億円以上がエアアジア関係会社に対する債務、6億円程度が公租公課。債権者は2万人以上とのこと。

2020年11月18日の日経新聞記事によれば、欠航便のチケットの返金を受けられていない顧客が少なくとも2万3千人以上いるとのことですが、もう少し細かい情報では、直接購入者約23,400名で約3億7,100円相当、旅行会社経由での購入者は、人数は不明ですが約1億4,900万円で、合計5億2,100万円相当になるようです。

旅行会社経由は、Go to利用の方もいたのでしょうか…。

チケット代金の返金については、エアアジア本体は、グループ国際線の搭乗代金などに使える「クレジットアカウント」で対応するというアイデアを出しているようです。

現金での払い戻しにも応じたいようですが、払い戻しの原資が確保できておらず、保全管財人弁護士は「株主に支援できないか協議していく」と話しているようです。道義的には株主に支援を求めるのも分からなくはないですが、株主に支援の義務はありません。

未払賃金の存在も報じられており、国の未払い賃金立替制度の利用を見込むようです。混乱の様子が伝わってきます。

 

2020年11月18日の日経新聞の記事によれば、保有機材はリースで3機とのこと。エアバスA320型3機とのこと。リース会社からエアアジアの関連会社を通じてリースを受けていたそうです。

エアアジア・ジャパン向けの機材が日本型オペレーティングリースの物件として組成されたという話は聞いていないのですが、果たしてどうでしょうか。

エアアジア向けの機材は過去に日本型オペレーティングリースの物件として組成されています。また、1機丸ごと投資の対象機として投資家に案内されていた時期もあり、任意組合方式により1機保有している投資家も複数いるはずです。

エアアジアグループの財務状況の悪化が報じられており、関連会社では航空機リース料の未払いが生じていることも報道されています。

日本の投資家に影響がないことを祈るばかりです。

 

新型コロナの影響で変化する投資機会の有り様をコラムで発信していきます。メルマガ登録をお願いします。

新型コロナショック‼ 始まった航空会社の経営破綻、オペレーティングリースへの影響は⁉①

新型コロナショック‼ 始まった航空会社の経営破綻、オペレーティングリースへの影響は⁉②

新型コロナショック‼ 始まった航空会社の経営破綻、オペレーティングリースへの影響は⁉③

新型コロナショック‼ 始まった航空会社の経営破綻、オペレーティングリースへの影響は⁉④

新型コロナショック‼ 航空会社経営破綻 オペレーティングリースへの影響は⁉⑤

新型コロナショック‼ 航空会社経営破綻 オペレーティングリースへの影響は⁉⑥