コラム Column

2020年06月26日

新型コロナショック‼ 変わる?変わらない?不動産マーケット 2020年3月~6月 ①地方が厳しい ②民泊が壊滅状態

874706_s

2020年3月~6月の不動産マーケット状況。

あくまで私見です。

 

地方が厳しい

インバウンドに牽引されてきた地方が厳しい状況です。店舗やホテルからインバウンド客が消えました。国内旅行者も消え、様々なサービス利用客も消えました。店舗では幅広い業種から店舗賃料の値下げ要請等の動きが見られ、ホテルでは稼働率が大きく下がり、収益が悪化しています。

ホテルはいきなり供給過剰になり、新規ホテル開発案件は中断されたり用途変更されたものがありました。計画段階のホテル等の開発、建替え事業は保留になり、停滞しています。開発予定地が投げ売りのように売却された事例もありました。

民泊より少し上の簡易宿所や超小型のホテル投資が、新型コロナ問題の直前まで地方でも活発でした。物件取得やリノベーション費用、あるいは遊休地利用のための建設費用を借入調達しているケースが多く、返済負担が重くなっています。誰も予想できなかった状況のため、スタートした事業のキャッシュフローがいきなりマイナスになり、改善策もありません。

観光関連不動産投資が冷え込むことにより、地方の地価の下げ要因となります。

 

民泊が壊滅状態

宿泊関連では、民泊が極めて厳しい状況です。3月~6月の状況だけを見ると、ホテルの宿泊価格が大幅に下がり、民泊の価格優位性はなくなっていました。資金調達できない民泊業者は既に撤退した事例も出ています。民泊業者が民泊から撤退すれば、賃料や物件価格の下げ要因となるでしょう。

新型コロナショック‼ 変わる?変わらない?不動産マーケット 2020年3月~6月 ③インバウンド狙いの都市部店舗が厳しい ④店舗ビルが厳しい ⑤東京都心のオフィスは底堅い動き

 

新型コロナの影響で変化する投資機会の有り様をコラムで発信していきます。メルマガ登録をお願いします。

新型コロナショック‼ 変わる?変わらない?不動産マーケット 2020年3月~6月