コラム Column

2020年06月26日

新型コロナショック‼ 変わる?変わらない?不動産マーケット 2020年3月~6月

3432932_s

ようやく2020年第1四半期ないし2020年4月までの不動産マーケットの数字が見えてきました。

国土交通省から6月19日に地価LOOKレポート令和2年第1四半期が公開されました。

全国100地区の地価変動率は、「横ばい」が前回調査の3地区から23地区へと7倍超に増加しました。横浜市元町、岐阜市岐阜駅周辺、高松市丸亀町周辺、福岡市大濠の4地区で地価が下落に転じました。

 

日本不動産研究所から5月26日に第42回「不動産投資家調査」(2020年4月現在)の調査結果が公開されました。

新型コロナの影響度合いはアセット毎に異なる結果になりました。影響が大きかったのはホテル。オフィスや物流施設については、そこまでの変化はまだ見られない結果でした。

 

 不動産マーケットへの新型コロナの影響は、3月以降です。地価LOOKレポートは3月までの状況。不動産投資家調査は、4月までの状況です。

我々が得た情報や関わった不動産取引の状況も加味して、3~6月の勝手な不動産マーケット状況をまとめてみます。

あくまで私見です。

新型コロナショック‼ 変わる?変わらない?不動産マーケット 2020年3月~6月 ①地方が厳しい ②民泊が壊滅状態

 

新型コロナの影響で変化する投資機会の有り様をコラムで発信していきます。メルマガ登録をお願いします。