コラム Column

2019年11月05日

iDeCoの加入年齢引き上げ + 無料セミナーのご案内

こんにちは、コンサルタントの福島です。

早いもので、もう11月になりました。

朝夕めっきり冷え込む季節になってきましたが、風邪をひかないように今年の残り2か月間、頑張っていきましょう!

 

【iDeCoの加入年齢引き上げ】

さて、今回のコラムは老後2,000万円問題から派生して話題沸騰中のiDeCoについてです。

今回、iDeCoの仕組みについての詳細は記載しませんが、大まかにメリット、デメリットを上げると以下のとおりです。

メリット

●  毎年の掛け金が全額「所得控除」になるため、所得税負担が軽くなる

●  運用中に得た利益は非課税

●  受取るとき、「退職所得控除(一時金受け取りの場合)」、「公的年金等控除(年金受け取りの場合)」等の税制の優遇が受けられる

●  月額5,000円から始められる

 

デメリット

●  原則、60歳まで運用中の資産を引き出せない

●  口座開設等の手数料がかかる

●  掛金に上限がある

 

なお、iDeCoに加入できる年齢は、59歳までとされています。

加入年齢と、月々の掛金に上限があるため、50代後半だと税制優遇のメリットを得られる期間が短く、金額も小さいため、検討しないという方も少なくなかったのではないでしょうか。

 

今回、厚労省が、iDeCoの加入年齢の上限を、64歳まで引き上げる方針を自民党の会合に示しています。

 

50代後半の方でも約10年間メリットを得られることになるため、加入年齢がネックになってiDeCoの導入を断念された方は、再考してみるとよいのではないでしょうか。

 

 

【無料セミナーのご案内】

話は変わって、弊社グループの開催するセミナーのご案内です。

 「クラウド会計フェア」

キャプチャ

日時:2019年11月8日(金) 13:00~17:00(受付開始12:30~)

場所:みどり栗林ビル(香川県高松市栗林町1丁目18-30)

参加費:無料(上記パンフレットにあるQRコードまたはお電話にてお申込みください)

内容:TKC・ミロク・MF・freee・OBCなどのクラウド会計ソフトを一堂に比較します。

導入を検討している方、導入したけれどもうまく使いこなせていない方は是非ともご参加ください。

 

福島直哉