コラム Column

2019年11月08日

Vol.178 ~成長するテキサス州と好調な不動産市況~

Vol.178 ~成長するテキサス州と好調な不動産市況~(2019/11/01)

テキサス州は、かつて農業や牧畜業が主要産業でした。
1901年、スピンドルトップで油田が発見され、急速にエネルギー産業の比重が高まりました。
以降、州の産業は綿(Cotton)、牧畜(Cattle)、原油(Crude)のいわゆる3Cに代表されてきました。
80年代以降は、ハイテク産業が成長し現在に至ります。
米国に進出している日系企業は、ビジネス展開が期待できる州として一番にテキサス州を挙げており、注目が集まっています。
なぜテキサス州はそれほど魅力的といえるのでしょうか。
ポイントをまとめてみました。

【PDFはこちら】: Vol.178~成長するテキサス州と好調な不動産市況~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。