コラム Column

2021年05月09日

コロナの影響を受けた農林水産物を支援する補助金とは!?

漁船

今回は新型コロナウイルスの影響を受けた、国産農林水産物の生産者を支援するための補助金についてご紹介します。

農林水産省では、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受け、外食、インバウンド等の需要先 が消失した生産者等に対し、「新たな生活様式」に対応した販路の多様化を促進するために必要な支援を行うことにより、生産者等の販路多様化、流通構造の改革を目的 として「令和2年度国産農林水産物等販路多様化緊急対策事業」を行い、下記4つの項目について補助金を支給しています。

 

①新たなインターネット販売(補助金の上限は 5,000 万円、下限は 100 万円)

補助対象経費:(1)事業に係る対象農林水産 物等の送料(梱包材・冷媒費を 含む) (2)インターネット販売を始 める際に必要な経費。サイト登 録の手数料、広告宣伝費の需用 費、賃金、役務費、委託費 等

 

②新たなテイクアウト・デリバリー等の活用(補助金の上限は 5,000 万円、下限は 100 万円)

補助対象経費:事業に係る対象農林水産物等の調達費、輸送費、広告宣伝費 の需用費、賃金、役務費、賃借 料及び使用料、委託費、通信運 搬費 等

 

③新たな地域の販売促進活動(補助金の上限は 5,000 万円、下限は 100 万円)

補助対象経費:事業に係る対象農林水産物等の調達費、輸送費、広告宣伝費 の需用費、賃金、役務費、賃借 料及び使用料、委託費、通信運 搬費 等

 

④学校給食、子ども食堂等への食材提供(補助金の上限は 1 億円、下限は 100 万円。子供食堂の補助金の上限は 3,000 万円、下限は 50 万円)

補助対象経費:事業に係る対象農林水産物等の調達費、輸送費等の需用費、 賃金、役務費、賃借料及び使用 料、委託費、通信運搬費 等

 

今回の公募は2次公募までが終了しており、3次公募の予定が下記の通り発表されています。

  • ①公募期間
    令和3年5月14日~同年6月22日まで
  • ②採択通知・割当内示時期
    令和3年7月上旬
  • ③事業実施期間
    交付決定の日~同年9月末

 

対象物は国産農林水産物ですが、下記の要件に該当する必要があります。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うインバウンド需要、外食需要の減少等により 過去5年のうち最高と最低を除いた3年の平均値に比べ、

・ 在庫量が2割以上増加していること

・ 価格が2割以上低下していること

・ 販売量が2割以上減少していること

・ 販売額が2割以上低下していること

◯上記の判定は、仕入れ先のデータを基にすることとなっています。仕入先から在庫量などのデータを月次単位で5年間分取得できるか事前に調整が必要です。

 

ご不明な点があれば、どうぞお気軽にご相談ください。