コラム Column

2019年07月02日

事業承継税制の特例措置

こんにちは!

東京支店コンサルタントの伏木です。「ふせぎ」と読みます。珍しいと言われますが、父親が栃木の出身でその付近には多い姓なんです。
今年の5月に入社して、初めてコラムを書きます。

本日は事業承継税制の特例措置についてです。

事業承継税制については、「昔聞いたような気がするけれど、最近改めて良く耳にするな。」と思っていらっしゃる方、多いのではないでしょうか。
実は、事業承継税制として、贈与税・相続税の納税猶予の制度は以前から存在していたのですが、使い勝手が悪く適用件数が少なかったために、特例措置が設けられ、平成30年より適用が開始されているのです。

特例措置には、主に「贈与税の納税猶予」と「相続税の納税猶予」があるのですが、①納税猶予の対象となる非上場株式等について、総株式数の最大3分の2までという制限が撤廃され、全株式を対象とすることが可能となったこと、②納税猶予割合が80%から100%に引き上げられたこと等の違いにより、より利用を検討すべき制度となっております。

コメント 2019-06-26 104326

  (国税庁、中小企業庁HPより抜粋)

しかしながら、特例措置は現時点においては、令和5年3月31日までに特例承継計画を都道府県に提出し、令和9年3月31日までの特贈与・相続等に適用されるという時限立法となっておりまして、特例措置を適用することによるデメリットもありますので、時間的な余裕をもって、まず利用するかどうかを慎重に検討すべきであると思います。

みどり財産コンサルタンツでは、個別のサポートはもちろん、事業承継税制のメリット、デメリットや個別検討事例を紹介するセミナーも開催しておりますので、情報収集にお役立てください。

↓ 申込はこちらから(幻冬舎ゴールドオンラインさんのHPに飛びます)

https://gentosha-go.com/ud/seminar/id/5cbd91e87765613dc7000000

 最後までお読みいただきありがとうございました!