WOMAN'S CAREER

女性社員対談

みどり財産コンサルタンツ Talk Session 女性社員に聞きました

  • 川辺 智穂 chiho kawanabe/個人コンサルティングチーム コンサルタント/2013年入社
  • 森本 佳代 kayo morimoto/総務部経理/2015年入社
  • 川口 春菜 haruna kawaguchi/アシスタント/2014年入社
  • 満濃 明日香 asuka manno/アシスタント/2016年入社

Q1.ご自身のキャリアについて みどり財産コンサルタンツを選んだ理由について教えてください。

川辺
私は銀行に勤務していて、お客様に資産運用などの提案をする仕事をしていました。出産を機にいったん、子育てとの両立が難しいかなと思い辞職しましたが、再就職するならみどり財産コンサルタンツにと決めていました。というのも、みどり財産コンサルタンツの「お客様本位」という考え方が、自分に合っていると思っていたからです。
川口
高校で学んだ簿記が生かせると思って志望しました。入ってしばらくは会計の仕事をするのかなと思っていたんですが、ちょうどアシスタントの空きがあり、現在はコンサルタントの補助業務を行っています。
森本
私は前職はシステム関係の職場で事務をしていたんですが、長く続けるのが難しいかなと思い、転職しました。というのも、システム部門というのは時間が不規則になることが多いんです。ちょうどみどり財産コンサルタンツでアシスタントの募集があったので、受けてみたんですが、その時、性格診断をしたら経理が向いているという結果が出て。ちょうど経理の募集もあったので、経理の仕事につくことになりました。もともと簿記も好きだったので、遠回りはしたけど落ち着くところに落ち着いたという感じですね。
満濃
私も高校を卒業して、簿記とかパソコン関係の資格を生かせるかなと思って試験を受けました。試験を受ける前に、見学に来させていただいて、三好会長や三好常務、先輩の川口さんと一緒お話をさせていただきました。その時になんだか先輩が輝いて見えたんです。私も一緒にお仕事をしたいな、と思いました。

Q2.やりがい・働きがいについて 実際、お仕事をされてみていかがでしたか?

川辺
入ってみないとわからない部分って結構ありますよね。前向きに頑張ろうって思えるまで半年ぐらいかかったかな。子どもを預けて仕事をしているのに、本当にこれでいいのかという不安もありました。そんな中でも、社長をはじめ上司の方々が、会社のミーティングや節目など、すごく前向きな発言をしてくださっていて。自分のことはわからなくても自然と「この会社でずっとやっていこう」という気持ちになりました。1年を過ぎた頃からお客様対応をさせていただくようになり、今も不安はありますが、3年半経ってやっと、このやり方でいいのかなっていう方針が見つかった感じです。
川口
私がやりがいを感じているのは、普通の一般企業に就職したのではなかなかできない経験ができることです。かなりハイレベルな仕事を依頼されることもあって、常に挑戦できている感じがします。自分自身、あまり自己主張するタイプではなく基本的に受け身なので、仕事を頼まれるのも苦じゃないというか。わからないことがあれば何でもコンサルタントの方が教えてくださるし、アシスタント的な動きが合ってるんだと思います。
森本
私はやっと1年経ったくらいなので、まだ「やりがい」まで達していないんですが、去年できなかったことが今年はできるようになった、わかるようになったっていうのは、自分が少しずつレベルアップできているのかな、と感じます。毎年できることを少しずつ増やしていきたいと取り組んでいる毎日です。初めてのことも多いんですが、数字が合うのは気持ちいいし、よしって思います。
満濃
私は会計業務を中心に、アシスタントをしていますが、まだ自分が何をやっているのか、正直わからない状態です。言われたことをやっていはいるのですが、先輩や周りの方に相談しながら、日々奮闘しています。

Q3.女性が仕事を続けていくために、必要な環境条件は?

川辺
みなさん、結婚しても仕事を続けたいですか?
川口
高校の時までは絶対専業主婦になりたいと思ってたんですよね。母親も専業主婦でしたし。でも働いてみたら、仕事をずっと続けたいなって思います。楽しいし、自分で働いてお金が入るっていいですよね。ずっと家にいるより会社に来て仕事をして、みんなとコミュニケーション取って、みたいなのも楽しいなと思います。
満濃
私は結婚して子どもができたら、落ち着くまでは家にいるのもいいかなと思います。子育てがひと段落して、もう一度職場に戻れる制度があれば、復帰してバリバリ仕事をしたいなと思いますね。
川口
みどり財産コンサルタンツには産休制度もありますし、グループ会社の中には妊娠している女性社員もいらっしゃいます。その方も体調に合わせて柔軟な働き方をしているみたいです。
川辺
結婚、出産の後、子育て中も大事。子どもの体調が悪い時なんかは病院に行ってから出社することもあるし、柔軟に対応してくれます。周りの方の理解があるので、本当に助かってますね。
川口
川原社長が以前、川辺さんがすごく申し訳なさそうに休暇のお願いで電話とかくるんだけど、そんな申し訳なさそうにせんでええのに、って言ってました(笑)
川辺
そう~?やっぱり環境って大事よね。
森本
実際「いいよ」って言われてても、雰囲気ってあるじゃないですか。今までの職場を振り返ると今はすごく恵まれているというかありがたいなって思います。少し残業してても、早く帰りなよって声をかけてくれるし、社長を含め男性社員の皆さん、とても気遣いがあるんですよね。
川口
みどり合同税理士法人グループ全体が、できるだけ残業をしないという方針で、有給休暇も年に1度は連続5日間の休暇をとることを勧められています。私も近々沖縄に行く予定なのでリフレッシュしてきます!
川辺
変なプレッシャーをかけられることもないし、全然ストレスは違いますね~。
その辺りも長く仕事を続けるためには大事だと思いますね。
川口
やっぱり環境が悪いと、いくら仕事を好きでも続かないですよね。
満濃
友達と会って仕事の話をしていると、みんな上司の人に「何でできないの?」とかきついことを言われるって聞くんですけど、私は何度聞いても丁寧に教えてもらって恵まれてるなと思います。必要な時に指導が入っても、感情的に怒る人とかいないですよね、理想的な職場です。
川辺
自分がやりたいことに、どんどんチャレンジできる可能性もあります。私は今、個人コンサルタントをしていますが、結果を早急に求められるということもなく、見守っていただいています。
川口
社長とお話をする機会も結構あって「最近、どう?」とかよく聞かれますよね~。自分にやりたいことがあれば、前向きに考えてくれます。私もアシスタントとして、それなりに知識がついてきたら、いつかコンサルタントに挑戦してみたいという気持ちもあります。

Q4.職場のコミュニケーションはどうですか?

川口
みどり財産コンサルタンツでは、月に1度は誰かの誕生日にかこつけて、懇親会を開いています。社長をはじめ全員参加で、普段なかなか話せない人ともコミュニケーションがとれるいい機会ですよ。いつもピリピリしている人でもお酒が入ると、あぁこういう人なんだなって、その人の「根っこ」みたいなのがわかるんです。
川辺
あとランチを兼ねてプチ女子会もやりますよね。仕事だけでなく普通にプライベートな話もしますし、主婦願望だった川口さんが続けたいなって言ってくれた時はうれしかったし、励みもなりますね~。
満濃森本
男性がみんな外出してしまったら、ちょっと集まってしゃべったりね(笑)。
今日ランチ出ます?って相談したり。
いろんなお店を開拓するのも楽しい。
川口
仕事上の悩みとかをため込むんじゃなくて、何でも相談できる女性同士ってやっぱりいいなと思います。人間関係に悩まない分仕事にも集中できる、いい循環ができていると思います。

採用情報はこちら

女性社員インタビュー

  • 手探りの中で見つけた自分らしい働き方。/川辺 智穂 chiho kawanabe/個人コンサルティングチーム コンサルタント/2013年入社
  • プロ意識を持って、長く続けられる仕事。/森本 佳代 kayo morimoto/総務部経理/2015年入社
  • 仕事もプライベートもメリハリをつけて楽しむ!/川口 春菜 haruna kawaguchi/2014年入社

採用情報はこちら