RECRUIT MESSAGE

林田 晃尚

お客様の本当にお役に立てる提案は何か。 それを考えることが、コンサルタントとしての付加価値を向上させます。

お客様に伝わる仕事

コンサルタントという仕事は、お客様へのご提案を通じて、付加価値の提供を行っていきます。「お客様に何を伝えるか」という事をベースにして、「お客様にどのように伝わるか」という目線が非常に重要になる仕事と感じています。お客様の立場に立ちながら、当事者意識を常に持ち続けることで、お客様に喜ばれるご提案ができると思います。

林田晃尚
林田晃尚

コンサルタントの実務

コンサルタントの実務は、知識があるからできるというものではないと実感しています。
知行合一という言葉があるように、実務面に関する深い知識を備え、それを発揮してお客様へ提案を行うという行動に移すことで、コンサルタントとしての付加価値が提供できると感じています。
その中で、お客様と同じ目線で仕事をさせていただくことで得られる魅力が、コンサルタント実務の醍醐味だと日々、実感しています。

自己修練

様々な知識を備えることは重要であると思います。そのために、自助努力をすることは最低限必要に思います。
また、業務を行っていると、様々な面でバランス感覚が問われることもありますが、その時に必要となるのは、個人のこれまでの人生経験や価値観などになります。
自分自身を常に磨き続けることが、必要になり、それが付加価値につながっていくと思います。

ある一日のスケジュール

8:00 出社
8:30 掃除
8:40 朝礼
9:30 お客様先へ出発
10:00~12:00 お客様とミーティング
13:00~15:00 お客様とミーティング
16:00~17:00 事務作業
17:00~18:00 社内での勉強会
18:00~20:00 外部での勉強会

メッセージ

みどり財産コンサルタンツでは色々な人間が、お客様へ付加価値を提供するという一つの目標のもと、お互いに切磋琢磨している職場です。
会社全体の目標のもと、それぞれが長所を生かしながら活動していくことで、お互いが成長できる環境があります。自分自身を成長させたいという思いがある方にとっては、活躍できる場面が多く見つかる職場だと思います。

また、公認会計士や税理士などの有資格者の皆様にとっては、新たな発見ができる職場だと思います。
ご自身がお持ちの知識や経験を、お客様のお役に立てるように活用するという経験は、一般的な監査法人や会計事務所ではなかなか得難い経験だと、私は感じています。
資格をもっと活用したいという方にとっては、活躍の場面が多くある職場だと思います。