lighten the premium burden

安く加入する方法

保険を見直すときに「保険料の安い保険はありますか?」という質問がよくあります。
もちろん、保障額を抑えれば保険料は安くなります。
しかしお客様の言う「安い保険」とは、「充実した保障で保険料の安い保険」です。
保険の見直しは、このニーズに合う保険を見つけることです。
保険の見直しで注意するポイントは次のとおりです。

一番重要なのは自分の加入すべき保障額を知りライフプランに合わせること

目先の保険料の安さにとらわれていませんか?いくら保険料が安くても、万が一のときに保障額が足りなければ意味がありません。
将来のライフプランを考え、自分の加入すべき保険を見つけませんか?
まずは専門家に相談して、保険加入の目的や必要な保障額から考えてみましょう。

目先の安い保険料より将来保険料が上がらない方がお勧め

保険料の支払いは、長期にわたります。
あなたの保険料は、将来どうなるのかご存知ですか?
更新ごとに保険料が増加する保険ではありませんか?
保険料を将来も支払い続ける自信はありますか?

こんな人は見直しのチャンス!

  • 保険料が高いと思っている人
  • 将来の保険料の支払いが不安な人
  • 保険料が将来どうなるか分からない人

養老保険・終身保険よりも定期保険のほうが割安

保険の特徴は理解できましたか?
養老保険や終身保険は貯蓄性のある保険です。
そのため、掛け捨ての定期保険の方が保険料は安くなります。
あなたに合った保障と貯蓄、保険料について、一度専門家に相談してみませんか?

保険期間は長いよりも短い方が割安

保険期間は短い方が割安です。しかし、保障の必要な期間は、いつまででしょうか?
あなたに合った保障期間や保障額について一度、専門家に相談してみませんか?

四角の保険より三角の保険の方が割安

四角の保険と三角の保険の違いは「保障」です。
あなたにとって必要な保障額はずっと同じですか?
あなたのご年齢によっても必要な保障額は変わります。
お子様が成長し、独立すると保障額も変わります。
年を重ねるごとに、あなたの責任の重さも変わってくるはずです。
現在加入している保険は、あなたに合った保障額ですか?
専門家と一緒に、本当に必要な保障額を考えてみませんか?

四角の保険より三角の保険の方が割安

生命保険の理解度チェック

  • 保険を見直すために相談できる人がいますか?
  • 保険証券をどこに保管しているか覚えていますか?
  • 何のために加入したか覚えていますか?
  • 会社や自分自身にはどのぐらいの保障が必要なのか知っていますか?
  • 保険料の支払いが何歳まで続くか分かりますか?
  • 保険料の支払額が収入に対してどれぐらいになるか知っていますか?

1つでも、あてはまれば保険の見直しをおすすめします!

お問い合わせ・ご相談はこちらから