insurance

生命保険を見直したい

あなたは何のために生命保険に加入していますか?

日本人の生命保険の加入率は87.5%。
ほとんどの方が生命保険の必要性を理解しています。
しかし、ただ入っていれば安心なのではなく、本当にあなたに合った内容のものであることが必要です。
生命保険は死亡や医療、老後などの経済的不安に備えるためのものですが、何のために、どれくらいの保障が必要なのか考えてみましょう。

ちょっとその前に、生命保険の3つの基本型が分かれば、理解が深まるので簡単に勉強しましょう。


生命保険の3つの基本型

  • 定期保険
  • 養老保険
  • 終身保険

topic1-2img

定期保険の特徴は
大きな保障

「高額な保障が必要な方」、「保険料を安くしたい方」におすすめです。

「保障額に不安な方」、「必要な保障額が分からない方」、
「保険料が高いと思っている方」はぜひ保険の見直しをしてみましょう。

topic1-3img

養老保険の特徴は
死亡保障額=満期受取金額

つまり、死亡保障と資産形成を兼ね備えた保険です。
「お金を積み立てたい方」、「まとまったお金を運用したい方」におすすめです。
ただし中途解約すると損をしてしまうことがあるので、保険の見直しを機に今後のライフプランを一緒にじっくりと考えてみませんか?

「保障額に不安な方」、「保障と資産形成のバランスが分からない方」、
「将来の生活資金づくりを考えたい方」は、
ぜひ保険の見直しをしてみましょう。

topic1-4img

終身保険の特徴は
一生涯の保障と資産形成

そのため保険料は、やや割高ですが、保障と同時に老後の備えとしても利用できます。
「高額な保障が必要ない方」、「保障と資産形成を両立させたい方」、「安定した収入の方」、「相続対策が必要な方」、「掛け捨てが嫌いな方」におすすめです。

「子育てが終わった方」、「高額の保障が必要なくなった方」は見直しのチャンス!
将来の生活資金をきちんと考えてみたい人はぜひ、保険の見直しをしてみましょう。

保険見直しのアドバイス

あなたはご自分で加入している保険の特徴を知っていますか?

保障を重視したい人 資産形成を考えたい人 掛け捨てが嫌いな人 保険料は安い方がいい人

保障を重視したい人、資産形成を考えたい人、掛け捨てが嫌いな人、保険料は安い方がいい人など、保険に求めるニーズは人によって様々です。

今の保険で将来、何かあったときに対応できますか?

家族への責任は人によって様々です

一家の大黒柱 シングルの人 子育て中の人 子育てが終わった人

一家の大黒柱、シングルの人、子育て中の人、子育てが終わった人など、その人の環境によって必要な保障額は全然違います。

現在加入している保険は今のあなたにとって、本当に必要な保険でしょうか?
あなたに必要な保障額はいくらですか?ほとんどの人が必要な保障額を答えられません。
しかし、90%近い人々が保険に加入しています。
つまり、ほとんどの人が自分に合った保険に加入できていないということです。
まずは現在加入している保険を見直すことから始めましょう。

保険見直しのタイミングは今!

きちんと保険について考えたい 結婚、出産で家族が増えた 転職や退職で収入が増減した 住宅取得を考えている

きちんと保険について考えたい、結婚・出産で家族が増えた、転職や退職で収入が増減した、住宅取得を考えているなど、保険見直しのタイミングはたくさんあります。

保険の見直しをしたい方、また、どんな保険が良いのか分からない、
という方は、こちらからご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちらから