Vol.162 ~平成30年分路線価発表ーさらに進む二極化~

Vol.162 ~平成30年分路線価発表ーさらに進む二極化~(2018/07/01)

7月2日、国税庁より平成30年分の路線価が発表されました。
対前年変動率は全国平均で0.7%のプラスとなり、昨年の0.4%から微増となりました。
しかし、「大都市圏の上昇」と「地方の下落」は顕著であり、地価の二極化はさらに進みました。
また、同じ県内でも中心部やインバウンドの恩恵を受ける地域とそうでない地域の格差は拡大しています。
その要因と不動産投資について考えてみましょう。

【PDFはこちら】: Vol.162~平成30年分路線価発表ーさらに進む二極化~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。