Vol.161 ~社会保障の適正化に向けた老後資産づくり~

Vol.161 ~社会保障の適正化に向けた老後資産づくり~(2018/06/01)

先日、政府は経済財政運営の基本方針(骨太の方針)の素案で、医療機関の外来受診に定額負担の導入を検討すると明記しました。
高齢化で増える医療費を賄うため、自己負担が3割になる高齢者の対象拡大も検討するようです。
介護の分野では、サービスを受ける際に作成するケアプランの有料化や、要介護度が低い人への生活援助サービスの見直しなどが検討されております。
団塊の世代が後期高齢者入りする時期を控え、社会保障制度は新たな局面を迎えようとしています。

【PDFはこちら】: Vol.161~社会保障の適正化に向けた老後資産づくり~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。