Vol.157 ~本当の意味で、元本を減らさない資産の守り方とは~

Vol.157 ~本当の意味で、元本を減らさない資産の守り方とは~(2018/02/01)

1月26日に2017年平均の消費者物価指数が公表されております。
2016年と比較して0.5%の上昇にとどまっており、アベノミクスが目指す2%には及ばない数字となっております。
ただし、単年でみれば小さな物価の上昇であっても、それが20年・30年となると大きな違いとなって現れることがあります。
『人生100年時代』と言われる今、60歳の人の余生は30~40年と長くなってきています。
日本の資産は諸外国に比べ預貯金に偏っていると言われます。
いま持っている資産を本当の意味で「減らさない」ということはどういうことか。
物価の上昇も踏まえ、長いスパンで考えることが必要ではないでしょうか。

【PDFはこちら】: Vol.157~本当の意味で、元本を減らさない資産の守り方とは~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。