Vol.153 ~リスクマネジメントのトレンド 死亡給付から生存給付へ~

Vol.153 ~リスクマネジメントのトレンド 死亡給付から生存給付へ~(2017/10/01)

日本の労働人口が減少の一途をたどる中、高齢者や女性の雇用が拡大しつつあります。
「共働き」の家庭が増え、以前のように父親ひとりの肩に家計の負担がのしかかる構図は
減少しつつあります。
一方、生命保険業界では金利低下に伴う一時払商品の予定利率の引き下げの影響で
終身保険などの貯蓄性商品の売り止めが相次ぎました。
このような「家庭」と「経済」両者の変化により、リスクマネジメントのトレンドも
「死亡給付」から「生存給付」の保障へとシフトしてきています。

【PDFはこちら】: Vol.153~リスクマネジメントのトレンド 死亡給付から生存給付へ~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。