Vol.146 ~老後に向けた資産形成は、まず確定拠出年金で~

Vol.146 ~老後に向けた資産形成は、まず確定拠出年金で~(2017/03/01)

平成29年1月より、確定拠出年金制度が20~59歳のほぼ全ての個人で活用できるようになりました。
他の年金制度とは異なり、運用先を自ら選択する必要があり、受取時の金額は運用の結果次第で増減する
というのが大きな特徴です。
本制度は数多くの税務メリットがあり、資産形成効果が高い一方で、途中引出しが難しいといったデメリットもあります。
今回は、確定拠出年金制度の特徴と、その活用方法について検討してみましょう。

【PDFはこちら】: Vol.146~老後に向けた資産形成は、まず確定拠出年金で~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。