Vol.142 ~外貨建生命保険を活用した長期資産形成~

Vol.142 ~外貨建生命保険を活用した長期資産形成~(2016/11/01)

本年10月26日、総務省より発表された平成27年国勢調査の人口統計によれば、1920年の調査開始以来
初の人口減少を記録し、2010年調査との比較では全国で約96.3万人の減少が記録されています。
このような事態が現実に起きている社会においては、個々人が老後の資産形成を主体的に取り組むことが
重要だと考えられます。
しかし、長引くマイナス金利政策により、運用先の選択肢の減少や運用効率の低下が起きています。
今回はそういった背景を踏まえると共に、過去から見た長期的運用トレンドの変化にも着目しながら、
これからの長期的資産形成をより有利に進める方法を考えてみましょう。

【PDFはこちら】: Vol.142~外貨建生命保険を活用した長期資産形成~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。