Vol.139 ~外貨建分散投資による資産形成~

Vol.139 ~外貨建分散投資による資産形成~(2016/08/01)

2016年に入ってから円高基調が続いています。
2016年年初のUSドル/円=約121円から2016年8月1日=約102円まで、
約8ヶ月の期間で20円程度円高が進行しています。
期間中にはイギリスのEU離脱の可決といった、予測が困難な出来事がありましたが、
このように先行きが不透明な為替リスクを避け、日本円だけの視点で資産形成を考えるべきなのでしょうか。
今回は、外貨を視野に入れた資産形成について考えてみましょう。

【PDFはこちら】: Vol.139~外貨建分散投資による資産形成~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。