Vol.135 ~マイナス金利下における東京不動産市場~

Vol.135 ~マイナス金利下における東京不動産市場~(2016/04/01)

平成28年3月22日、国土交通省より公示地価が発表されました。
東京・銀座の一部では公示地価として過去最高値を更新する一方で、地方では下落傾向が続いています。
ヒト・モノ・カネ・情報等、あらゆるものが東京に一極集中する傾向が続く中、オリンピックへ向けた再開発が進むなど、東京の、街としての価値はさらに高くなっています。
加えてマイナス金利政策の影響もあり、東京の不動産市場は活況を呈することが期待されます。
今回は東京不動産市場について、幾つかの面から検証していきます。

【PDFはこちら】: Vol.135~マイナス金利下における東京不動産市場~

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。
お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。