Vol.112 ~小規模宅地等の特例を活用した相続税対策~

Vol.112 ~小規模宅地等の特例を活用した相続税対策~(2014/05/01)

現金を不動産に替えると相続税節税対策になることがあります。
不動産を相続財産として評価する時には、その不動産は時価よりも低い財産評価額となるのが一般的であるためです。
この不動産の評価額をさらに下げることができる特例として「小規模宅地等の特例」があります。

Adobe Reader ダウンロードへ

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社の Adobe Reader が必要です。お使いのパソコンにインストールされていない場合は、アドビシステムズ社のホームページからダウンロードできます(無料)。