(事例.1)見直さなければ保険料が3倍に?!

(事例.1)見直さなければ保険料が3倍に?!

依頼前の状況

Aさんは51歳。30歳で加入した死亡時5,000万円の保険を40歳と昨年50歳の時と2回更新した。
当初保険料は15,000円だったが、40歳更新時は23,000円、50歳時は42,000円と保険料が上がっていく。
子供の教育資金もいるし、家計は圧迫される。
どうにかしたいと相談がある。

生命保険の現状分析

対策の概要

  1. まずは、Aさんのライフスタイルを聞く。
  2. 家族に対する思いや、ご自身の老後のことなど具体的にヒアリング。
  3. なぜ、この保険に加入したのかを確認。
  4. Aさんにとって、今、死亡したとき一体いくらのお金が家族に必要か?
    老後はどのくらいお金が必要か具体的にシミュレーション。
  5. 新しい生命保険と、年金保険に加入し、現在の保険は解約する。

コンサルティングの効果・ポイント

  1. Aさんの家族に対する「愛」がポイント。
  2. 子どもがあと2年で独立するので、保障額、期間を大幅に見直しする。
  3. 潜在的なニーズを顕在化して必要性を理解して頂くのが重要である。
  4. 保険料は下がり、喜んでもらう。かつ老後の資金作りも始めて一石二鳥です。

担当コンサルタントのコメント

  1. サラリーマンにとって生命保険は、家の次に高い買い物である。
  2. 金融機関は、銀行証券、保険会社とあるが、「家族のために」と思って契約するのは生命保険のみである。
    自分が死んだ後、自分には一円も入ってこないのに、毎月保険料を支払うのは家族愛があるからである。
  3. 「これからの自分人生を考えるいい機会になった」と言われたのがコンサルタントとして一番うれしかった。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

依頼前の状況

Aさんは51歳。30歳で加入した死亡時5,000万円の保険を40歳と昨年50歳の時と2回更新した。
当初保険料は15,000円だったが、40歳更新時は23,000円、50歳時は42,000円と保険料が上がっていく。
子供の教育資金もいるし、家計は圧迫される。
どうにかしたいと相談がある。

依頼までの経緯

対策の概要

コンサルティングの効果・ポイント

担当コンサルタントのコメント

お問い合わせ・ご相談はこちらから