tax saving

節税

計画的な節税は、法人の財務内容を強化します。
節税した資金で新たな事業投資や役員退職金支給をできれば、法人の財務内容は格段に良くなります。
法人税の節税は、相続税の節税にもつながります。
現状の税法では、法人税を払えば払うほど、自社株式の評価額は上昇する仕組みになっています。結果として相続税の負担が増します。
つまり、二重課税になっているのです。法人税を節税することで、相続税の節税にもつながります。

財務体質強化 生命保険活用

保険料の全部又は一部が損金扱いとなる生命保険を契約することにより、利益の平準化が可能となります。
将来、保険契約を解約すると、解約返戻金が戻ってきます。
現金が会社に戻ってきて、利益が計上されます。
その利益を事業投資や役員退職金に充当します。
あるいは、業績が悪化した場合に、解約返戻金で業績を例年並みに戻します。利益の平準化です。
200年の間には何が起こるか分かりません。生命保険を活用し、帳簿外の含み益を意図的に作り、本質的な財務内容の強化と経営安定化を図るのです。

利益繰延 オペレーティングリース事業活用

オペレーティングリース事業に投資することにより、結果的に当期の利益を繰り延べて、当期の節税が実現されます。
匿名組合への出資を通じて、船舶や航空機などのリース事業へ投資することができます。リース事業を順調に展開できているときはその利益や損失が出資者へ分配されます。リース事業を終了したときには、その出資持ち分に応じて残余財産が分配されます。
事業投資スタート時は減価償却費が大きいため、損失が先行します。リース事業終了時には、償却済みの船舶や航空機を売却しますので、固定資産売却益が発生します。将来、リース事業が終了すると、残余財産である現金が会社に戻ってきて、利益が計上されます。
その利益を事業投資や役員退職金に充当します。節税の完了です。
あるいは、その時業績が悪化していれば、本業の資金に充てていきます。経営の安定化につながります。
200年の間には何が起こるか分かりません。帳簿外の含み益を意図的に作り、本質的な財務内容の強化と経営安定化を図るのです。

税務の規定を利用した節税

税務の規定の隙間を利用した節税のご提案をいたします。
御社の現況やニーズをお伺いし、利用できるスキームをご提案いたします。

コンサルティング事例一覧

お問い合わせ・ご相談はこちらから