indemnity

保障

経営者に万が一のことがあれば、多くの関係者に大きな影響があります。200年企業を目指すのであれば、リスクヘッジもきちんと考えなければなりません。
従業員やその家族、そして取引先を守るために、法人で生命保険契約を考える必要があります。また、経営者の家族が生活に困らないように、個人で生命保険契約を考える必要があります。
生命保険契約には、法人で契約を検討した方が良い保険と個人で契約を検討した方が良い保険があります。
払った保険料が費用になる保険契約は、法人で契約した方が有利です。払った保険料が費用にならない保険契約は、解約返戻金が貯まっていくタイプの保険です。このような保険は、個人で契約した方が良いでしょう。

コンサルティング事例一覧

お問い合わせ・ご相談はこちらから